ダイエットが与える生理不順などの悪影響について

体重の増加は女性にとってはデリケートな問題だと言えます。

しかし、過度なダイエットは身体に悪影響を及ぼすこともあります。その一つが生理不順です。

生理不順は、環境の変化や日々のストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因で起こるとされています。一見するとこれらはダイエットとは関係ないことのように考えられますが、極端な食生活を続けたり、激しいスポーツなどによっても心身にストレスが掛かったり、ホルモンバランスが乱れてしまうことがあるのです。

この生理不順が続き、身体に悪影響を与え続けてしまうと、生理自体が来なくなったり、妊娠しづらい体になってしまいます。そのため、症状が現れたら、出来るだけ早めに病院に行くようにしましょう。また、出来るだけ過度なダイエットは控えるようにすることも大切です。定期的に身体を動かす、間食はしない、など小さなことから地道に行なっていくのが一番良い方法だと言えます。ほかにも、太っていることを気にし過ぎてしまうこともいいことではありません。自分にとっての最適な体重をしっかりと知っておくことも重要です。

BMI指数などをチェックし、自分が肥満体型なのかどうか、本当にダイエットをする必要があるのかどうかも考えましょう。