コンシーラーの使い方をマスターしてメイクアップ

メイクアップをして素肌感を出すために必要なのがコンシーラーです。
このアイテムの使い方をマスターすれば、メイクアップの腕が上達してベイビースキン風の美しい素肌を作ることができるでしょう。

コンシーラーを使うと、メイクの際のファンデーションの量が少なくてすむため、素肌感をアップさせることができるのです。
このアイテムを塗る箇所は、色むらやくすみが気になるパーツ、毛穴などが目立つパーツです。

目の下のクマはこのアイテムがあればずっと明るく垢抜けて見えるポイントです。
目の下に少し塗り叩きこむようにしてなじませるのが効果的です。
同じく、小鼻や口角も、色むらが出やすく、ファンデーションがよれやすいところですから、カバー力のあるこのアイテムを使うのが良いでしょう。
またニキビなどの吹き出物がある場合もこのアイテムであらかじめ赤味を消しておけば、マットな肌を演出できます。
大事なことはリキッドファンデーションの場合には必ず、ファンデを塗る前にこのアイテムを使い、パウダリーファンデーションの時にはこのアイテムをファンデのあとに使うということです。
いずれも仕上げにルーセントパウダーをはたくとより美しい素肌感のあるベースメイクの完成です。

更年期女性にはエバーライフ紅麗珠(こうらいじゅ)の評判