コンシーラーの使い方をマスターしてメイクアップ

メイクアップをして素肌感を出すために必要なのがコンシーラーです。
このアイテムの使い方をマスターすれば、メイクアップの腕が上達してベイビースキン風の美しい素肌を作ることができるでしょう。

コンシーラーを使うと、メイクの際のファンデーションの量が少なくてすむため、素肌感をアップさせることができるのです。
このアイテムを塗る箇所は、色むらやくすみが気になるパーツ、毛穴などが目立つパーツです。

目の下のクマはこのアイテムがあればずっと明るく垢抜けて見えるポイントです。
目の下に少し塗り叩きこむようにしてなじませるのが効果的です。
同じく、小鼻や口角も、色むらが出やすく、ファンデーションがよれやすいところですから、カバー力のあるこのアイテムを使うのが良いでしょう。
またニキビなどの吹き出物がある場合もこのアイテムであらかじめ赤味を消しておけば、マットな肌を演出できます。
大事なことはリキッドファンデーションの場合には必ず、ファンデを塗る前にこのアイテムを使い、パウダリーファンデーションの時にはこのアイテムをファンデのあとに使うということです。
いずれも仕上げにルーセントパウダーをはたくとより美しい素肌感のあるベースメイクの完成です。

更年期女性にはエバーライフ紅麗珠(こうらいじゅ)の評判

基礎化粧の正しい方法を学んでメイクアップをより効果的に

メイクアップの前に必ず行うものというと基礎化粧ですがこれをきちんとやらないとメイクも綺麗に仕上がりませんし、メイクの持ちもあまりよくありません。

夏場はしっかりと肌を引き締めて皮脂を出しにくくする基礎化粧が必要になりますが現在は本格的な冬場に向けて保湿をしっかりと行う、ファンデーションが粉浮きしないしっとりとした肌の下地を作ることが大切です。

洗顔後に化粧水、乳液をつけて化粧下地を塗るのが一般的でしたが基礎化粧品は種類が増え、時短メイクが可能な下地もかなり増えました。たとえば化粧水のあとに塗るだけで乳液をつけたようなしっとりとした潤いのある肌になれる
下地もあります。

また肌の悩みによって化粧水を2つ使うものもあります。それはふき取り専用の化粧水と通常の化粧水です。

肌がごわついている時は洗顔だけでは落としきれなかった古い角質がまだ肌に残っている可能性があるので通常の化粧水を使う前にふき取り用のものを使うという方法です。

これでそのあとの化粧水や下地もより効果的になるのでメイクアップをより効果的に仕上げたいという人は土台となる肌作りをしっかりと行うことが大切です。

綺麗な土台があれば少量のファンデーションでも肌を綺麗に見せることができるので毎日のメイクアップが楽しくなります。